KATAHIRA WORKS

トップページ

概要

製品

試作品



メイン

特徴

仕様

 KW-NLA1 Nutubeラインアンプ基板
◇蛍光表示管技術を応用した新真空管、Nutube

 12Vの電源に対し最大のゲイン 14dB(調整可)が得られるように構成し、真空管の豊かな倍音が得られるよう狙っています。


◇バッファ部にはJ-FET 2SK369を使用

 Nutubeの出力は高インピーダンスになります。よって、超低雑音でV(バイオレット)ランクの2SK369を配することで、十分にノイズを抑えたままのバッファリングが可能となります。


◇オーディオ用HPF構成コンデンサ

 
音声信号入出力部のHPF構成コンデンサにはオーディオ用に無酸素導線をリード線に用いたNISSEI社製積層形メタライズドポリエステルフィルムコンデンサMTFシリーズを使っています。





定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで

新品価格
¥2,935から
(2018/9/4 20:39時点)

定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析

新品価格
¥2,307から
(2018/9/4 20:40時点)

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析

新品価格
¥2,831から
(2018/9/4 20:40時点)



COPYRIGHT (C)2017 KATAHIRA WORKS