KATAHIRA WORKS

トップページ

概要

製品

コラム

試作品



メイン

特徴

仕様








KW-NLA1 Nutubeラインアンプ基板 
※本製品ページの画像及び製品機能は、推奨部品Ver.1を使用した場合のものです

販売価格 2,000円(税込み) 2018/10/05発売
販売委託先 製品ページ:https://www.switch-science.com/catalog/4039/










接続例





回路ブロック図




 付属品:生基板1枚、回路図及びレイアウト図1枚(両面印刷)

 Nutubeラインアンプ基板 KW-NLA1は、蛍光表示管の技術を応用することで省電力化、小型化、品質向上を達成しながらも完全な3極真空管として動作するNutubeを用いたラインアンプです。パワーアンプやヘッドホンアンプの前にこの基板を接続することにより、音量をさほど変化させることなく、Nutubeによる真空管の音を付加することが出来ます。
 回路としては入力部でレベルシフトを行い、Nutubeの動作領域において線形性を保つ領域を選択。12Vの電源に対し最大の14dBのゲインに設定し(調整可)、Nutubeの豊かな倍音を生かす設定としています。また、Nutubeによる増幅後のバッファには超低雑音のJ-FET 2SK369を選択し、クリアな出力が得られるよう考慮しています。

・蛍光表示管技術を応用した新真空管、Nutubeを使用
・出力部のバッファには超低雑音でV(バイオレット)ランクのJ-FET 2SK369を使用
・入出力部のHPF用コンデンサにはオーディオ用としてリード線に無酸素導線を用いた
 NISSEI社製積層形メタライズドポリエステルフィルムコンデンサMTFシリーズを使用



販売形態






※ロットにより梱包(袋、紙質)は変わります。








定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで

新品価格
¥2,935から
(2018/9/4 20:39時点)

定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析

新品価格
¥2,307から
(2018/9/4 20:40時点)

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析

新品価格
¥2,831から
(2018/9/4 20:40時点)



COPYRIGHT (C)2017 KATAHIRA WORKS