KATAHIRA WORKS

トップページ

概要

製品

コラム

試作品



メイン

特徴

仕様

 KW-RCV1 ブリッジ型全波整流回路可変電圧基板 特徴
◇大電流ダイオードブリッジ

 整流用のダイオードには新電元工業社製の大電流用のダイオードブリッジ D15XBN20を使用しています。パッケージ的にも放熱性に優れた構造となっています。


◇ノイズを抑えた電源供給を可能とする整流部

 ニチコン社製オーディオ用KWシリーズ10000uF品、FGシリーズが1000uF品、ルビコン社製の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサ63uF品を複合的に使用しています。
 同容量の単品を使用するよりも電流の供給能力が高まり、ノイズやリプルを少なくすることを狙っています。


◇可変電圧部(安定化電源部)

 
STMicroelectronics社製のLM317T-DG及びLM337SPを採用しています。
回路は電圧の変動を防ぐためにコンデンサを配し、入出部にはダイオードにより短絡時における保護を実現。





定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで

新品価格
¥2,935から
(2018/9/4 20:39時点)

定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析

新品価格
¥2,307から
(2018/9/4 20:40時点)

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析

新品価格
¥2,831から
(2018/9/4 20:40時点)



COPYRIGHT (C)2017 KATAHIRA WORKS