KATAHIRA WORKS

トップページ

概要

製品

コラム

試作品



メイン

特徴

仕様





KW-RCV1 ブリッジ型全波整流回路可変電圧基板 
※本製品ページの画像及び製品機能は、推奨部品Ver.1を使用した場合のものです。

販売価格 2,000円(税込み) 2018/06/04発売
販売委託先 製品ページ:https://www.switch-science.com/catalog/3867/

<注意事項>
本基板は電源回路基板であり、高電圧、高電流を扱いますので、
ご使用の際には感電や回路上でのショートに注意ください







接続例





回路ブロック図




 付属品:生基板1枚、回路図及びレイアウト図1枚(両面印刷)

 ブリッジ型全波整流回路可変電圧基板 KW-RCV1はトランスを接続して使用する、整流平滑部と可変電圧レギュレータで構成される複合電源回路基板です。正負電源が得られ、かつ、その電圧は調整可能です。
 ブリッジダイオード D15XBN20Dより整流し、ニチコン社製オーディオ用KWシリーズと、同じくオーディオ用最高グレード品のMUSEシリーズ、ルビコン社製の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサを複合的に使用して平滑化します。
 KW-RCV1はKW-RC1よりも平滑部のコンデンサの容量は少ないですが、STMicroelectronic社製の可変三端子レギュレータを後段部で使用することで効果的にリプルの除去が出来、接続先の耐圧に合わせての電圧調整も容易となります。

・ブリッジダイオードには新電元工業社製の200V,15Aに対応するD15XBN20
・平滑用コンデンサはニチコン社製オーディオ用KWシリーズ10000uF品を正負電源で4個
 レギュレータの出力側にMUSEシリーズ1000uF品を2個、
 ルビコン社製の導電性高分子アルミ固体電解コンデンサは63uF品を8個。計42504uF搭載。
・電源出力は三端子(+,-,GND)コネクタを4端子実装可能



販売形態






※ロットにより梱包(袋、紙質)は変わります。







定本 OPアンプ回路の設計―再現性を重視した設計の基礎から応用まで

新品価格
¥2,935から
(2018/9/4 20:39時点)

定本 トランジスタ回路の設計―増幅回路技術を実験を通してやさしく解析

新品価格
¥2,307から
(2018/9/4 20:40時点)

定本 続トランジスタ回路の設計―FET パワーMOS スイッチング回路を実験で解析

新品価格
¥2,831から
(2018/9/4 20:40時点)



COPYRIGHT (C)2017 KATAHIRA WORKS